Pulse ブログ

サッカーネタと見せかけて・・・・

2014年6月25日

オフサイドってなんですか、十三です。お久しぶりです。
サムライジャパン運命の日のブログ担当が私ですいません(笑)

残念でしたが、ここまで楽しませてくれた選手たちに拍手です!

さて、W杯に埋もれがちでしたが、日本にも大きなニュースがありましたね!

富岡製糸場、世界遺産登録決定☆

毎年、世界遺産が増えていくというのは素晴らしいですね。
ちなみに、世界遺産は年一回開催の「世界遺産委員会」で決議され、
今年は26件増えて世界中で合計1007件になりました!

登録勧告が出た段階ですでにものすごく混雑してしまったようなので、
正式登録となった今、お祭り騒ぎどころじゃないんでしょうね。

こっからはめちゃくちゃ真面目な話になりますよ~
覚悟して下さい(笑)

ちなみに、世界遺産登録に至るまでの道を皆さん、ご存知ですか?
まずもって、5つの条件があります。

①世界遺産条約締結国であること
②遺産があらかじめ各国の暫定リスト(世界遺産候補リスト)に記載されていること
③遺産保有国からの自推であること
④遺産は不動産であること(土地や建物)
⑤遺産が保有国の法律などで保護されていること

これが整った上で、登録基準10項目中ひとつ以上にあてはまり、
さらにユニセフ傘下の各調査機関や委員会の審議の末、
ようやく登録されるわけです。

しかも登録後、ナメた保護とかしてたら登録抹消されますから。
まぁまぁ大変です。

時々、「えー、見た目大したことないのにこれ世界遺産なの~?」ってやつが
ありますが、見た目だけの話ではないのですよ。
「いかに人類の歩んできた歴史的に大事か」ってとこも重要な要因なんです。

さて、世界遺産登録された場所はそれまでは来場者数が大したことなくても、
間違いなく観光客がどっと押し寄せます。

そこで混んでしまう前に世界遺産になる可能性のある場所を楽しむ、というのはどうでしょう^^

先ほど書きました、5つの条件のうちの1つ。
②遺産があらかじめ各国の暫定リスト(世界遺産候補リスト)に記載されていること

「暫定リスト」、これが狙い目です。

政府はこの暫定リストの中から世界遺産登録推薦を行うわけです。
逆に言えば、ここに載ってない場所は、どんなに素晴らしくても世界遺産になる予定はありません。

ちなみに、暫定リスト掲載物件はこちら!↓



世界遺産登録を決定するのは、年に1回開催される「世界遺産委員会」です。
来年の世界遺産委員会では、日本からは「明治日本の産業革命遺産」を推薦予定。

 

今のうちに、行っておいてもいいかもしれないですね!

個人的には「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」が歴史的にもグッときます(笑)

もうすぐ夏です。
夏のお休みに、世界遺産になるかもしれないツアーも面白いかもですね☆

では、また☆★

 

**「こんなのできるかな」と思ったらどうぞお気軽に**
販促物・ノベルティグッズのOEMならパルス!
あなたの「あったらいいな」を一緒につくりましょう☆
株式会社 パルス
Tel:078-855-0102 Fax:078-855-0106
メールでのお問い合わせはこちらから→http://www.pulsejapan.com/contact

PLUSEスタッフが日々の出来事を綴ります♪